介護リフォーム・マンション全面リフォームなら横浜市の中鉢ホーム

今なら、省エネリフォームをすると、補助金がでます!
住宅省エネリノベーション促進事業費補助金

本補助金は、省エネ性能が高い建材(ガラス、窓、断熱材)を用いた断熱改修を行った場合に受けることができます。

介護リフォームと共に、断熱改修を行って、安心安全な我が家を手にいれませんか?

補助金は6月9日まで公募しています!



断熱改修で、ヒートショックも防げます

家の断熱性能を高めることによるメリットは、冷暖房費の節約だけではありません。
温度差の激しい場所を行き来した場合に発生する、ヒートショックも防ぐことができます。
室内の温度差によって血圧が大きく変動すると、失神や心筋梗塞、脳梗塞などを引き起こし、最悪死に至る場合もあります。高齢者の死亡原因の4分の1は、ヒートショックによるものといわれています。

断熱改修を行った部屋は、断熱改修を行っていない部屋よりも床の温度が3度程度高くなり、血圧の上昇も低かったという実験報告もあります。

『日本経済新聞』2016年2月4日朝刊 「住宅断熱化で血圧改善」より



補助金対象工事

補助を受けることができる工事には、

【窓】防音、断熱効果のある内窓を設置、窓ガラスの交換
   
【壁、床】今ある壁や床に高性能断熱材をプラス

【蓄電システム】高効率型の給湯機に交換、ソーラーパネルと蓄電システムの設置

等があります。



補助金額

補助金額は、製品によって決まっています。


補助対象補助費用上限
高性能建材
(ガラス・窓・断熱材)
補助対象費用の1/3以内150万円
蓄電システム 定額 5万円/kW補助対象費用の1/3又は50万円のいずれか低い金額
高効率給湯機補助対象費用の1/3以内15万円


補助金の公募は6月9日までです!

お早めにご検討ください!
詳しくは、中鉢ホームまでお気軽にお問い合わせください。


住宅省エネリノベーション促進事業費補助金のHPはこちら>>


お問合せ