介護リフォーム・マンション全面リフォームなら横浜市の中鉢ホーム

介護リフォームとは
介護される方はもちろん、一緒に暮らすご家族の負担も減らす
安心した生活を送るためのすまいづくり


毎日の暮らしの中でわずかな段差や階段の上り下りは、転倒事故の原因になり、大変危険です。
介護リフォームにおいて最も重要視したいポイントは、ずばり「安全性」です。
介護リフォームとは
安全に快適に動けるよう段差をなくし、手すりを設けるバリアフリーなどの小規模なリフォーム。また、浴室やトイレに自力で行けるよう水まわりをまとめて寝室に隣接させるなどの間取り変更や、廊下・出入り口に充分なスペースを確保する大規模なものまで実に様々です。

介護をするご家族の負担を減らしたり、介護される方が少しでも自立し、安心して家の中で生活出来るための住まいの改修が、「介護リフォーム」です。


しかし『うちはお金がないから介護リフォームをするのが難しい』と考える方もいらっしゃるでしょう。
ですが、心配はいりません!介護リフォームはその重要性から、申請手続きをすることで介護保険制度を利用して、住宅改修の資金援助を受ける事ができます。
住宅改修の場合、最高で20万円(1割又は2割自己負担)の補助金を受けることができます。
(1回の改修で20万円を使い切らずに、数回に分けて使うこともできます)

介護リフォームに含まれる内容
・手すりの取り付け
・段差の解消
・滑りの防止及び移動の円滑化等のための床又は通路面の材料変更
・引き戸等への扉の取り替え
・洋式便器等への便器の取り替え
・その他これらの各工事に付帯して必要となる工事


中鉢ホームではグループホームとも繋がりを持っておりますので、介護と建築両方の知識・経験により、お客様が安心・安全に暮らせる環境をご提供することができます。


また、中鉢ホームには医療・福祉・建築について体系的に幅広い知識を持つ「福祉住環境コーディネーター」資格取得者もおりますので、できるだけ自立し、いきいきと生活できる住環境を提案させていただきます。是非、お気軽にご相談ください。


介護リフォームに関するご相談はありませんか。
お問合せ